« 悪用? | トップページ | 前回の投稿が・・・・ »

2009年9月12日 (土)

千島・道東で新組織・諸悪の根源が!

職場適応訓練については、近々報告しますので少々お待ち下さい。

道新の9月11日の朝刊に「協会釧路支部長」が、北方領土と千島列島出身者、道東のアイヌ民族で作る新組織「千島・道東アイヌ協会を発足させる事を明らかにしている。

はっきりとここに断言するが、協会の「諸悪の根源の一人とも言える」者が、何を企んでいるのか?疑いの念を持たずにいられない。この者は、アイヌの中では「多少、弁がたつが」金銭問題では常に「名前」が筆頭に挙げられる。アイヌ文化振興財団の海外交流費の不正使用・博物館等での不正請求問題・土地巻上げ問題・盗作問題・千歳空港の不正仲介・イタオマッチプ(復元船)問題など等、ここに書き上げるのは無理があるほどである。又メディアも彼の実態を知りつつ何故、脅しを怖がり取り上げるのか?強い不快感と疑問を感じる。何処かのジャーナリストが言ってたが「言語が日本語なのに日本語が通じない人達」と言っていたが「ごもっとも」である発言であるが!願わくば、その通じない意味の中身を記事にしてほしいものである。

メディアが真実を知りながらも「取り上げないで」違う側面からばかり報道するから、おかしな方向に進み「この様な似非アイヌ屋」をのさばらせる結果を生んでいるのではないか?又アイヌも同じである。この者の数々の不祥事に目をつぶり「馴れ合い主義」で利権に固執してきた協会が生み出した「人物」である。この者が「どれ程、アイヌという名のもとに多くの税金を食い物にしてきたか!」この様な輩の「罵声に屈して」道民の税金を無駄に垂れ流している「役所」にも大きな問題を提議したい。

道協会に戸惑いの声が上がっているとの見出しもあるが、戸惑いではなく内部分裂そのものである。それに、この支部長は、協会との二束草鞋の二重加盟も可能だというが、不正の温床を増やすだけである。又国後・樺太アイヌは、民俗学的に別グループである。北方領土問題にも積極的に関わっていく方針もコメントしているが「今のアイヌ問題とは別問題」である。

修学資金しかり福施対策資金しかり色々な問題が「隠蔽」されている常態で責任なき政策ばかり求めるアイヌ人種には自身達による人権迫害の歴史を作っていることを「大きな迷惑」と声を大にして言いたい。何処かの壇上に立つ「アイヌ」の衣装を纏って慈善者を装っている「アイヌ屋」に声を掛けれる機会があれば質問してみると良い。

あなたは、何回職業訓練を受けましたか?

あなたは、修学資金を何年受け取りましたか?卒業しましたか?

あなたの家を建てたときに住宅購入資金を借りて返しましたか?

アイヌ文化振興財団の資金は税金ですよね?税金で商売してないですか?

職業は何ですか?税金払ってますか?

この様な質問をすると「差別するのか!」「アイヌがどれ程お前たちシャモに虐げられたか知っているのか!」「いや~私達はチャランケして平和に行こうと音楽活動しているネイチャーですから?」など等、意味不明な答えが返ってくるか!いや~政策を作ったのは「シャモ」ですからと返答するか?あ~あのブログに書いてあったことですか?信じちゃいけないですよ!私達は自分達の正当な要求のもとに運動活動しているだけですよ!反体制の嫌がらせですよ!こんな答えしか帰ってこないでしょうね。

北海道の協会関係者の8割以上が、まともに答えれないでしょう。そのような者たちがアイヌ衣装を身に纏、アイヌの自立と権利を要求しているが金儲けの演出に見世物小屋的演出をして喧伝するのは直ちに止めていただきたい。

アイヌ屋という職業の為にアイヌ観光やアイヌ対策事業の拡大の利権の為に左派と同和対策の歴史と同じ道を歩む事は、事実上のアイヌ人種の自滅への一途であると思う。

先日、ある番組で、エゾ鹿の問題を取り上げていた。少し前までは、害獣という言葉がエゾ鹿には、あまり使われなかったが最近のエゾ鹿問題は深刻である。人間との自然体系のバランスが取りあげられる。何故、エゾ鹿とオオカミの生態系のバランスを人間が壊したか?正確に取り上げないのだろうか?アイヌは無駄な狩猟をしないと言っている自然と幸せに暮らしていたとエコの主張をするが違う一面も人間として持ち合わせているのである。オオカミの毛皮が高値が付くのを知り「北海道」のオオカミを絶滅させたのは、アイヌの責任によるウエイトが大きい。いいだけ鯨を捕鯨し数を減らせ無駄に使用してきた国の連中が、同じ哺乳類を殺すのは野蛮だと騒いでいる連中の活動とエコを謳うアイヌの矛盾と何か共通点を感じる。

遠い昔であるが、婆さんの「べラモンコロ」が、私に話してくれた記憶に残る少ない話の中にオオカミの話がある。オオカミを全て死なせたのは、男達(アイヌ)だよ。酒欲しさに女抱きたさに山々の神に唾したのさ。熊も皆同じだよ。牛や羊や馬を手にした男達(アイヌ)やシャモが神様を邪魔者にしたんだよ。授かり物をイコロ(お金)に換えたんだよ。だから女達も見世物ウポポ(歌や踊り)で食べなきゃならなくなったんだよ。だらしがない男達は、誇りを捨てたんだよ・・・・小さい私に何で難しい話をするのか理解できませんでしたが、この歳になって「現代アイヌ」を直視していて、婆さんの言葉の意味が理解できて来ました。

話が脱線するが、最近のアイヌは、平気で人のデザインを盗んだり著作権のある歌や何かを平気で、くだらない下手くそなラップや曲にしているが!自分達が同化政策の被害者だ差別の被害者だと騒ぐならば!デリカシー持ちましょうね?格好いいから受け入れられるから等と軽率な言葉を使っちゃ駄目ですよ。個人の努力や自立を目指しても無理があるなんて「泣き言」いって「アイヌ」の文化だ伝統だを飯の種にするのは、恥ずかしいと思いなさい。(注*ラップのジャンルを非難しているのではないので間違えないで下さいね。)次回は、ある先住民の事を書いている不気味な冊子と、そこで活動する人の大きな問題点と札幌市にある「札幌市アイヌ施策推進計画検討委員会」と「協会」との問題点を取り上げたいと思います。機動訓練の続きに関しては、もう少し動きがあったら報告しますので御待ち下さい。

           

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

« 悪用? | トップページ | 前回の投稿が・・・・ »

アイヌ不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230985/33179219

この記事へのトラックバック一覧です: 千島・道東で新組織・諸悪の根源が!:

« 悪用? | トップページ | 前回の投稿が・・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事など

無料ブログはココログ