« 今月の16日に・・・・ | トップページ | こんなに大切な機会はないのに何故・・・・・・ »

2009年10月14日 (水)

ウポポとリムセ

メールをくださる方々「公開か非公開か明記して下さいね」

旭川の女性の方からメールをいただきました。
それについてご返答いたします。

加納氏の件についてですが、
彼がこれまで残した足跡もある意味理解します。
彼がプロデュースした人達の事も認めていますよ。
良い声である事も感じます。
自費でCDを出している人達の努力も知っています。

けれど残念に感じるのは、「プロ・アイヌ」という名称が先行していることです。
何故なのでしょうね?
単独のステージでは見えない部分も協会や他の団体などの関連のステージで見ると、少し前にオカルト教団が教祖の周りで踊っていた人達に見えてしまう部分もある。良いものを引き合いに出せば出すほどに違和感を感じてしまうんですよ。

伝統は、衰退もすれば無くなりもするし柔軟な変化もすると思います。
又何かの切っ掛けで甦りもする。
それは自然な形だと思います。

何も知らない人達は歌を聴いて純粋に受け入れてくれることもあるでしょう。
その受け入れを否定する了見はないですよ。
私はウメ子さんの存在はある意味「最後のスタンダード」じゃないかと思っています。

良いものが「利権や運動の出汁に」使っている要素を払拭して出来ないものなのでしょうか?
チセを立てるのもアイヌ語を勉強するのも金”
イベントも何もかも金”身内から毟り取るのも金とその人の思い”
アイヌが協会や財団から貰って使っているお金の全ては「税金です。」

調べれば調べるほどに手口の中身にがっかりします。
そこに必ずといってよいほどに名前が出てきていたら残念に思います。
組織が作ったシステムの中から逸脱した活動を望まずにいられません。

彼女達の歌や踊りが自然な形でアイヌだけではなく、それ以外の多くの人達にも日常の中で当たり前のように存在するポジションになる事を願っていますよ。

加納氏のことに関しては、これ以上何も言いたくないというのが本音です。
ただ一つ!ある意味多くを知り協会や財団のシステムの中にいる。
メジャーな分だけ露見した時の盛り返しに何を言うのか?

私が強く感じるのは「もっと自然な形で継承活動や他の活動が出来ないか」という事です。私にもカネレンレンやアツイソウカタ(正しい書きは指摘しないで下さいね。)好きな曲が沢山あります。それがもっと本当の意味での自身達の手により大切に守られる事を「セツニネガイマスヨ」





遠い場所からご連絡を下さる諸先輩達へ


年齢に関係なくパソコンに向き合って下さって「感謝しております。」
又多くのご意見やご感想や多くの事実をお話下さり心強く思います。

札幌だけではなく多くの地方での問題があることを改めて実感しました。

色々な場所に聞き取りに行き多くの人の表に出せない悔しい気持ちも聞きました。今後も一つ一つまとめて行き明確な形にし表に出し次に繋げたいと思います。

先にも書きましたが、ウポポやリムセ他の伝統文化が自然な形で行われ
大切にされアイヌ自身が受けた過去の歴史の傷跡を「権利や利権の道具などではなく」次の世代への良い取り組みに変化する事を私自身も願わずにいられません。

パソコンが上手くないからと電話を直接下さる方々にも本当に感謝しております。お気持ち有難いです。
近い将来、アイヌの変な組織や柵に関係なく多くが集いウポポやリムセを楽しめる集まりが出来るような環境を小さくても良いので作りましょう。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

« 今月の16日に・・・・ | トップページ | こんなに大切な機会はないのに何故・・・・・・ »

アイヌ不正」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
旭川の女性とは私ですよね?
丁寧に対応していただきありがとうございます。
公開か非公開かとのことですが、
私としてはメールを差し上げたつもりはなく、
あくまで公開のコメント欄に書きこんだつもりでしたので、
書いてすぐに自分のコメントが表示されていないのを不思議に思っておりました。
(あぶなくもう一度同じ内容を入力するところでした・・・)
名前もニックネームにしておりますので、公開してくださっても何の問題もないです。

ところで、白老の方が樺太の衣装を着ていると疑問に思われていたようですが、
白老には樺太アイヌの子孫の方がいますので、何も問題ないと思いますよ。

>彼女達の歌や踊りが自然な形でアイヌだけではなく、それ以外の多くの人達にも日常の中で当たり前のように存在するポジションになる事を願っていますよ。


マレウレウの事でしょうか。
まだようやくスタート地点に立ったばかりだと思います。
彼女たちはとても素敵な友人たちで、その努力も身近で見ています。
地道なライブ活動がいつか実を結ぶと思っています。
またもうすでにアイヌ以外の固定のファンも多く存在しています。
派手じゃなくても、昔の曲をたくさん掘り起こして残していこうとする彼女たちの活動を、
これからも応援したいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230985/33179208

この記事へのトラックバック一覧です: ウポポとリムセ:

« 今月の16日に・・・・ | トップページ | こんなに大切な機会はないのに何故・・・・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事など

無料ブログはココログ