« 協会釧路支部・緊急調査4 | トップページ | 出来る事 »

2009年11月24日 (火)

お前は「差別を受けていないだろう!」

協会内部の差別たるや凄まじいものがあります。
怪文書ファックスや自分の立場が危うくなるとマスコミに情報をリークするなどは、
日常茶飯事。
役員は、下の者に「密告を要求し」密告を要求されたものは、ありもしない噂に花を咲かせ自分の立場を作ろうとする。
どの時代から、こんなにも醜くなったのでしょうね。

弱いお年よりは、孤立を恐れ、協会役員の指示に従い
アイヌで生きて行く等という意味不明な事を叫ぶ若者は、音楽活動の片手間に
助成事業で、食い繋ぎ俄かアイヌで弱者を気取る。
私は、アイヌに嘘をつきません等と軽く口にし、オー神よ!と羞恥心の欠片もないアイヌのリーダー気取り。
どうやら、協会全体を見ていると「働かないで差別に喘いでいる惨めな衣を纏う事が、現代アイヌの資質条件」らしい。それと、伝承活動の為に「貧乏することが」アイヌの格好良さらしいのだが・・・・・・・・・・・・

私の友達に、アイヌ系日本人が、数名いるが!銀行の役員をしていたり、公務員で役職についていたり色々な連中が存在する。
皆、小さい頃に何がしらの「差別」体験をしているが、皆が集まると必ず口にするのは、「協会の体質は、迷惑である。」

正直、この中の数人は、会社では自分のことをアイヌの血を引いている事を隠している者もいる。理由は、アイヌだからではない、協会に関与していると思われるのが嫌だからである。勿論、彼らは一切、協会にタッチもしていなし修学資金も受けていない。
「アンダーグラウンドの会」アングラの会と私達は言っているが、裕福に育った連中はいない。

私の様に本当にアンダーグラウンドを歩いてきた者もいれば、差別と個人的に向き合いながらも自立した者もいれば、親が協会役員にいたことがあり、親の協会内部で犯した罪に苦しんでいながらも真っ直ぐに生活している者も存在する。自殺したものも孤独死した者もいた。

滅多に連絡も取らなければ、集まる事もない。
互いの繋がりを表に出す事もない。
でも集まると、殆んどが同世代なので、子供の頃に受けた差別話を笑いながらする。嫌な思い出でもあるはずなのだが笑える。
「あっ!イヌだ!」といわれた事やフォークダンスで手を繋いでもらえなかったとか、友達の誕生会に呼ばれて行ったら、そこの親に玄関で帰されたとか。
一対一で喧嘩していたら、いつの間にか相手が集団になり、喧嘩がリンチに変わったとか・・・・・仲良かった友達が、ある日、突然に毛深いのが移るからとクラスで騒ぎ始めて、遊び場や秘密基地から締め出されたとか・・・・・・・・
此処までは、皆一応に笑っているが、大人になってからのことは違う。

友達の経験だが、仕事の営業先で、アイヌの血を引いているのか?と営業先で聞かれて「ハイ」と答えると、契約を断られた。
食い下がって理由を聞くと「協会」に苦い水を沢山飲まされたという。
そこの会社は協会に何かとクレームをつけられ最後は、「得意の差別恫喝」で終わらせられたという。この会社に非がないのにだ。
仕事の中身は此処に書けないが、こうした話を沢山、耳にする。

北海道で、行われた食の祭典や小金湯の施設建設に絡んでとか雇用促進事業に絡んでとか色々「協会の体質」で「アイヌ差別」というよりも協会に携わりません体質に当たるそうです。

私も何で家を建てないのか?修学資金で何を買った?とか何度か言われたことがあります。
協会の体質イコール、アイヌの体質に思われるんですよね。
そんな事、差別と戦う立派な正義のアイヌさん達には、無用の話なのでしょうがね。

協会に入った頃に、何で皆、ちゃんとものを言って改善しないの?と質問しても
一応に立派な事を言うのだが、陰で確り「誰が、こんな事、言っていたとか」どうせ駄目でしょうとか、お金貰えなくなるとか・・・・・・・・・・・
こんな人が、多いです。

協会批判をしながらも、子供が、高校・大学の時期になると、その年だけ協会員になるアイヌもいれば、アイヌじゃないはずのアイヌが、協会員だったり、悲惨な現状です。

子供の頃、よく差別してくれた同級生に会うと思うのだが、別に根に持っている訳ではないのだが、「普通、一言、詫びる気持ちが、あっても良いのでは?と感じる時がある。子供の時の事だから、残酷な面をクラスの中で、何かしら皆、差別や苛めを経験するから、穿るのではないが、あの時は、こうだったよね!と笑える年になっているのである。」
それも無しに、昔話を連呼されたり、本に書かれるのは、正直に切ない気持ちになる。

差別は、良くない事だと私も認識するが、差別を利権の道具に利用する事の愚かさは、取り返しのつかない問題に発展する。
歌で表現するのも踊りで表現するのも、構わないが、それを「アイヌ」の精神等と軽く口にするのは、如何なものだろう?
人の差別を自分の如く装い、自分の差別を他人の問題にしたり
方向性が違わないか?
差別とどう向き合ったのか?どう乗り越えたのか?確りと自信を持って説明できる協会員いるのかな?差別されました受けました”アイヌに目覚めました”
いつまで、そんな場所にいるんでしょうか?

アイヌは、過去の歴史問題があるから、国と交渉中に余計な事をするな!書くな!と励ましのメールや非通知電話を頂きますが、有難うございます。
それだけ、アイヌは特別な人種という事なのですね。
貴方方が国に権利を要求するのと同じ様に、私の様に少数でも、権利要求の方向性や資質に対して反対意見や行動を起こす権利もあります。
差別撤廃と民族の誇りを錦の旗に掲げているのなら
私一人如きに姑息な手段を使わないで、直接来て下さい。
アイヌが得意とする「チャランケ?」受けて立ちます。
ただしアイヌ屋のユニフォームだけは、勘弁して下さいね。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

« 協会釧路支部・緊急調査4 | トップページ | 出来る事 »

アイヌ不正」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちらのブログのほかにも、小野寺道議のブログも読みました。
一連の報道も観ています。
(小野寺道議は、アイヌの将来を真剣に考えて下さっているなと思いました)

私はどこの団体にも入っていませんが、親が昔から道東のある支部の会員なので、
子どもの頃から世話にはなってきていると思います。

私が育った地域の支部では、ウタリの冠婚葬祭やら入学卒業祝いやら、
親戚でなくても親戚同様にみな助け合い、支えあって来てたと思います。
田舎だから余計そうだったかもしれませんが。

こういう事態になり、正直言って暗澹たる思いでいます。
とはいえ、若い世代に負の遺産を残していってはいけないと思っています。

協会の問題で仕事に支障をきたしたお友達は、本当にお気の毒だと思いますし、
アイヌの名がついた団体が恫喝をするなど許し難いことだと思います。

ただ、「アイヌだからされる差別」というのは現実に存在しますし、
私の地元ではいまだに若者が辛い思いをすることが多々あります。
もちろん、そんなものを自分自身の力で乗り越えようとすることは立派だと思いますし、
自分の息子にもそうあって欲しいと思っています。
けれども、そのことは差別される側だけが変われば良いということではないと思います。

・・・と、長々書いたところで、今の状態では何の説得力も無いんですけどね。
とにかく私は自分の出来ることをしていこうと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230985/33179191

この記事へのトラックバック一覧です: お前は「差別を受けていないだろう!」:

« 協会釧路支部・緊急調査4 | トップページ | 出来る事 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事など

無料ブログはココログ