« 釧路支部・異例の再監査 | トップページ | ニュース番組 »

2010年1月26日 (火)

釧路支部・異例の再調査2

釧路支部不正経理に道が異例の再調査
前の書き込みに動画をリンクしたのですが、一件見れないのがあります。
修正の仕方が解らないので、再度こちらに貼りました。↓
http://www.youtube.com/user/ainu1000#p/a/u/0/LsSRmLzPPZ8
あの~船の製作に使った原木の仕入れは何処からですか?
協会支部に経理が存在したのですか?
釧路支部長が取材に応じられないのなら「監督責任のある本部に問い合わせするしかないでしょうか?」

にほんブログ村 歴史ブログへクリックで応援、御願いします。
にほんブログ村

« 釧路支部・異例の再監査 | トップページ | ニュース番組 »

アイヌ不正」カテゴリの記事

コメント

札幌市南区定山渓小金湯にある「アイヌ」の施設にある「船」は、
協会役員のS氏の自宅(これも南区)で、財団の助成を受けながら「職場適応訓練中の生徒を使い製作させた舟です。」職場適応訓練中は、他の作業に従事させる事が禁止されています。
運送も材料の仕入れも今回の「釧路」と同じプロセスの似非物です。
この二重取り作業に何だかアート・プロジェクトのメンバーも沢山加担しています。
差別撤廃や平和を「アイヌ衣装着て」謳っていても実態は、税金に集り(たかり)差別を食い物にする
連中の集まりです。
この者に関しては、東京目黒で、財団の助成を受け「二人展」を開催していますが
助成での商売は禁止されています。
その事実と道の調査報告書と財団の回答書等全て公開しますので少々御待ちください。
小金湯にある展示物の8割以上が、札幌市民の税金を不正に利用した物です。
二風谷は「アイヌ」から「アイヌ」が毟り取った展示物のオンパレード
旭川も記念館の固定資産税が払えなくなり差し押さえをされて、金に困ったKさんの私利私欲の集大成、書き上げたら限がない状況が「アイヌ」の展示物ですね。
定山渓の奥座敷と言われている小金湯、近隣で商売されている人達は、本当に、あそこの施設の存在を迷惑がっています。

この船は

小金井にも類似したものがありますが

まさか同様の経緯でないことを・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230985/33179157

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路支部・異例の再調査2:

« 釧路支部・異例の再監査 | トップページ | ニュース番組 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事など

無料ブログはココログ